バイリンガルの育て方

身近な言語で言うと、日本語と英語を使いこなせるようになる育て方の方法をご紹介します。

自分の家庭に合う方法としてどれが良いのか考えてみてください。

1.家庭内言語を決める

例えば、家では英語と決めて、家庭内で話をするときは必ずその言語にする。外出する時には日本語。住んでいる国の言語に従うことがもっとも効果的。

2.パパには日本語、ママには英語

国際結婚をしている人はこのパターンがもっとも多いです。パパには日本語、ママには英語で話す。

両親の言語を教える努力が必要。よく母親の方が子供と一緒にいる時間が長いため母親の言語が小さい頃は強くなり、徐々に子どもが学校に行きだすと学校で使用されている言語が強くなる傾向があるのが特徴。

3.言語を数週ごとに交代

このパターンはトリリンガルなど2つ以上の言語を子どもに教えている家庭の方法として多いです。

例えば今月は日本語を話し、来月はドイツ語。学校などで使用されている言語はフランス語のように2つ以上の言語を話す親が中心にこの方法を使っています。

結論

ここでご紹介した3つの方法は世界中でもっとも使用されている言語です。

海外で子育てしている家庭や日本で多言語で育てたい場合はこのような方法があることを考えてみてください。

#バイリンガル #子育て #英語子育て #トリリンガル

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中